4D Paint3Dモデリングソフト
4D Paint先頭へギャラリー
リアルタイムレンダリング | ペイント | ダイレクトインターフェイス | 3Dテクスチャー | 特殊効果 | レイヤ

ペイント
4Dpaintのマテリアルチャネルの中にあるイメージは特別な手順を踏むことなく、オブジェクトに色を吹付けることができます。

■ ビットマップペイント
一般的に、色、バンプ、照明、輝度等は簡単にペイントする事ができますが、トカゲの皮膚のような複雑なものをペイントしたい場合は、通常根気良くペイントしなければいけません。しかし、4DPaintでは簡単にできます。例えば、ビットマップペイントにはトカゲの皮膚のカラーマッピングやバンプマッピングが含まれます。ビットマップペイントを使用する場合、バンプとカラーが同時にオブジェクトに加えられます。マッピングのタイプを分割して、一度にそれらの部分にスプレーしたりテクスチャーペイントツールを使用してフリーハンドでオブジェクトにペイントする事ができます。
■ マティリアル、マッピング
4DPaintは、実際にペイントしているような感覚を与えるような機能を持っています。Windowsの3D paintBlushというより、Photoshopの様な感じです。複数のマティリアルを複数のオブジェクトに適用できるので4DPaintは簡単な作業で必要なオブジェクトの数だけペイントできます。
3DStudioMAX、softimage、Lightwaveの全てのマッピング形式とテクスチャーマッピングに対応しています。
■ テキスト
オブジェクトの表面に対話形式で文字を入力し配置することができます。フォントは、システムにインストールされている全てのフォントが使えます(漢字も可能)。又、その文字は現在選択されているペイント情報を使用して表示されます。例えば、バンプペイントを選択している場合、文字はその形式で表示され、又チェッカーペイント形式を選択した場合はチェッカーの形式で表示されます。

■ チャネルペイント
全てのチャネルに同時にペイントできます。(カラー,バンプ,発光,光沢の質感の4つ)
複数のチャネルを操作する場合でも、煩わしい操作がいりません。ひとつのブラシストロークでペイントができます。そしてこの方法がリアリステックな作品を制作する尤も早い方法です。

■ モジュラーペイントツール
4DPaintのペイントツールは、ペイントのスタイルを自由に設定できます。先が固いブラシ、大きな又は小さなブラシ等から選択してペイントします。ペイントツールにはブラシ、ライン、ポリゴン、塗り、複写があります。ブラシのヘッドは、他のアプリケーションで作成することができます。20種類以上のペイント特殊効果が用意されています。チェッカー(格子)、インバート(逆アーチ)、デサチュレート(ぼかし)、グレーディエンス(斜面)等があります。

■ カットアンドペースト
通常2次元のソフトでは、カットアンドペーストが簡単にできますが、4DPaintでも、選択された領域を移動、複写、カットアンドペーストする機能を取り入れました。しかも、カラー/バンプ情報をカットアンドペーストができます。
4DPaintは、他のアプリケーションにまたがってカットアンドペーストしますので、他の一般的なアプリケーションから画像をインポートしオブジェクトの表面に貼り付け、目的の位置に移動し割り当てたレイヤーに設定することができます。
フロー機能をサポートしているため、フロー状態でサイズの変更、回転などができます。