keyframe animation in Rhino

BongoRhino 3.0上で動作させることのできるキーフレームを用いた本格的アニメーション作成プラグインツールです。


主な機能 | 対応システム | 価格 | Rhino | Flamingo | Penguin | ご購入| 評価版ダウンロード
 
 


主な機能

プロフェッショナル アニメーションツール

Rhinoで作成したオブジェクトを移動・回転させたり、大きさを変えたりといったアニメーションを、他のアニメーション作成ツールへ出力することなくRhino上で行なうことができます。 ドラッグ アンド ドロップといった簡単な操作でオブジェクトや、ビューポートのアニメーション編集も可能です。 こうしたことにより、これまでオブジェクトをRhinoで編集し、アニメーションを他のツールで編集するという相互間でのやり取りにかけた時間を省くことができます。

タイムラインをスライドさせたりアニメーションを実行させたりすることにより、Rhino上で、リアルタイムに、様々なシェーディングモードでプレビューすることができます。また、ワイヤプレビューやOpenGL、レンダープレビュー等のRhinoレンダーをはじめ TreeFrog、Flamingo、そして Penguinをレンダラーとしてアニメーションを作成することができます。

Bongoはまた、Rhinoのビューポート上でリアルタイムに、再生、巻き戻しができるので、クライアントへのプレゼンテーションの場でデモンストレーションを行なうこともできます。

機能概要

  • 移動・回転・拡大縮小
  • カーブへのオブジェクト制御.
  • 他のオブジェクトに追随させたオブジェクト制御
  • カメラパス及びカメラターゲットの制御
  • ビューポートのキーフレーム
  • 自動・手動での速度、加速度の調整
  • アニメーションオブジェクトの階層管理
  • Rhinoプラグインレンダーを用いた、シングルフレーム及びAVIファイル形式でのレンダリング出力
  • 様々なシェーディングモードでのリアルタイムプレビュー
  • 様々なシェーディングモードでも動作可能なタイムライン
  • 業界標準に準じたタイムラインインターフェース
  • ドラッグ アンド ドロップで操作可能なキーフレーム
  • オブジェクトをドラッグするだけで、アニメーションモードにおけるキーフレームの入力を容易にします。
  • アニメーションデータはRhinoフォーマット(.3dm)に一括保存。 インポート、エキスポートの必要はありません。
  • オブジェクト制御
  • ドッキング・切り離し可能なインターフェース
イメージの品質イメージ


対応システム
BongoはRhino上で動作しますのでハードウェアの必要条件はRhinoと同じです。
  • Pentium, Celeron, 以上のCPU
  • Windows 98/NT/ME/2000/XP for Intel or AMD.*
  • 65 MB 空き容量
  • 128 MB 以上のRAM、推奨256MB以上