コメント付部品登録・読込機能/強力なアセンブリ機能の装備/部品登録・部品読込/パーツ管理
作成されたモデルデータは形状の大小にかかわらず部品として登録を行う事ができ、標準部品登録(ライブラリの作成)により優れたアセンブリ機能と合わせて効率的なモデリング作業を行う事が出来ます。

TOP PAGE

部品登録
    任意のボディまたはアセンブリをパーツ/アセンブリライブラリとして、ファイルに保存する事が可能です。またパーツファイルそれぞれについてコメントを記録する事が可能ですので読込時の検索が楽になります。
    標準部品を多数登録しておく事で、頻繁に使用する部品につい毎回モデリングを行う必要が無くなり、労力を大幅に削減する事が可能です。

部品読込
    任意のボディまたはアセンブリをパーツ/アセンブリライブラリとして、ファイルにより読み込む事が可能です。またプレビューボタンを押す事により、それぞれのファイルの内容と、保存時に記述したコメントを参照する事が可能ですので検索性に優れています。
    部品形状が保存時のシェーディング状態を再現してウィンドウに表示されます。

軸ツールによるアセンブリ
    操作性に優れた位置決め機能を用い部品形状の読込から位置決めまでの操作を繰り返し実行する事で簡単にアセンブリを実行する事が出来ます。また、パーツモデリングをそれぞれ独自で行い、後にアセンブリを行うというモデリング手法を用いる事により、マシン負荷を軽くすることで作業速度を向上することが可能です。
    上の図はボディの2軸間移動のコマンドを用いる事により部品の位置決めを行っている例です。ボディごとに位相軸を用いる事により、移動と方向決めを一度に的確に行う事が可能です。