Deep Explorationは2Dグラフィックスと3Dモデルを簡単に検索や表示をすることができるツールです。アニメーション付の2Dおよび3Dファイル形式を簡単に変換できるので生産力を求められているアーティストにとって大変便利です。

  • Deep Explorationは3Dオブジェクトやシーンを、瞬時に高品質のレンダリングを作成して変換出力して多数のグラフィックスアプリケーションで使用します。またWebベースのインターラクティブ3Dコンテンツを作成するには理想的なWebパブリケーションツールです。
  • Deep Explorationは簡単に1つのプログラムの中で全てのファイルを検索および表示することができるのでネットワーク上の2D、3D、およびビデオファイル等を検索するのに便利で、時間の節約になります。
  • コラボレーション、トレーニング、セールスプレゼンテーション、マーケッティングに使用するWebページや会社ドキュメントを即座に公開することでコミニュケーションが向上します。
  • 一貫したファイル変換やバッチ処理により、業界への情報提供をリードすることができます。

    新規機能

  • ソフトボディ、ボーン、スキン、アニメーションサポート
  • Mayaと3ds maxから XSIへアニメーション、スキン、ボーン、カメラビューを含んだ変換
  • 3ds maxインポート/エクスポート
  • Mayaインポート/エクスポート(.Maと.Mb)
  • LightWaveインポート(.LWS)
  • LightWaveシーンとオブジェクト LWS/LWOのサポート
  • LightWave 6.5サポート
  • .Xインポート/エクスポート
  • Windows XP 対応
  • 読み込み/保存の新規/アップデート機能
  • エクスポートのエクスポートプロパティダイヤログボックスのアップデート
  • テクスチャマップ。アニメーション、マティリアルエクスポートの制御追加
  • Rhino 2.0サポート
  • Softimage XSIサポート
  • Photoshop PSDドキュメントサポートの強化
  • 3ds max サポートのアップデート
  • Viewpointメディアサポートのアップデート
  • raw XYZRGB Pointsファイル形式のサポート
  • Interzart SPX インポート
  • MTXインポート
  • Wild Tangent エクスポート
  • 新規インターラクティブディスプレイモード
  • 最大60フレーム/秒まで3Dモデルのの読み込みおよびリアルタイム表示。 GLグラフィックスカード、または500 MHz Pentium IIIプロセッサー以上。
  • New optimized support for NVIDIA Geforce 2 と3の最適化とリアルタイムでの反映、アンチエリアス、バンプマッピング用のATI Radeonカードの新規サポート
  • シェードポイントとワイヤーフレーム
  • 高品質スムージングサポート
  • 全般的の強化
  • マティリアルのUVアンラップ表示
  • 任意フォルダーサポートの強化
  • アイコンショートカット付ツールバーのカスタマイズ可能-新規
  • ローカル検索の検索機能と速度の強化
  • OBJサポートの強化
  • 新規のシーンプロパティと強化されたマティリアルプロパティダイヤログ
  • 反射マップとレベルに関する制御の追加
  • テクスチャマップ選択ダイヤログの向上
  • サポートされるオブジェクト毎に詳細にレンダリング方法を設定できる新規のオブジェクトプロパティと属性ダイヤログ
  • オブジェクト単位での不透明度設定とダブルサイド設定
  • Air Renderer、Ray Tracing、Global Illumination等のプラグインのサポートを全体的に強化
  • 複数検索結果の検索インターフェースと表示
ソフトボディ、ボーン、スキン、アニメーションの新規サポート
  • 3ds max インポート/エクスポート
  • Mayaインポート/エクスポート
  • LightWaveインポート
  • .Xインポート/エクスポート
  • Windows XP テーマサポート
読み込み/保存の新規および変更機能
  • エクスポートのエクスポートプロパティダイヤログのアップデート
  • テクスチャマップ、アニメーション、マティリアルエクスポートの制御追加
  • Rhino 2.0サポート
  • LightWave シーン&オブジェクトLWS/LWOサポートの強化
  • LightWave 6.5エクスポートのサポート
  • OBJサポートの強化
  • Softimage XSIサポートのアップデート
  • Photoshop PSDドキュメントのサポート強化
  • 3ds max サポートの向上
  • Viewpoint媒体サポートの強化
  • XGLサポート
  • raw XYZRGB pointsファイル形式のサポート
  • Interzart SPXインポート
  • MTXインポート
  • Wild Tangentエクスポート
新規-インターラクティブディスプレイモード
  • 最大60フレーム/秒で3Dモデルの読み込みとリアルタイム表示。あるいはOpen GLグラフィックスカードまたは高速 PIIIコンピュータを使用すればより効果的です。
  • Vidia Geforce 2 と 3 サポートにリアルタイムの反射、アンチエリアス、バンプマッピングを伴う最適化を新規に追加
  • シェードポイントとワイヤーフレーム
  • スムージングサポートの強化
Web 出版ウィザード
  • HTML テンプレートを使用して Deep Exploration標準ファイル形式から自動的に2Dイメージと3Dモデルの複数のページを作成
  • 説明の追加
  • サムネール付インデックスページを作成
その他の変更
  • マティリアルのUVアンラップの表示
  • 任意のフォルダーサポートの強化
  • アイコンショートカット付ツールバーのカスタマイズ可能-新規
  • ローカル検索の検索機能と速度の強化
  • 新規検索インターフェース
  • 複数検索結果の表示
  • 検索の強化
  • 背景のカラーまたはビットマップオプション-新規
  • シーンプロパティダイヤログ-新規
  • 反映に関する制御の追加
  • テクスチャマップ選択ダイヤログの改良
  • サポートされているオブジェクト毎に設定できるオブジェクトプロパティ&属性ダイヤログ-新規
  • オブジェクト単位での不透明殿設定とダブルサイド設定
  • Ai rrenderer、Ray Tracing、Global illuminationなどのプラグインのサポート強化
  • メタデータを使用しているファイルの検索

機能詳細

  • コンピュータ、ネットワーク、インターネットの2Dおよび3Dファイルの検索
  • Webサイトから自動的に3Dモデルをダウンロード
  • 殆ど全ての2Dおよび3Dファイル形式の読み込みと表示
  • アニメーション付2Dおよび3Dファイル形式とシーンの変換
  • 影と反射付で高品質のレイトレーシングを出力
  • 連続したのAVIまたはイメージのインポートとレンダリング
  • Webベースプレゼンテーション用に3Dコンテンツを出版
  • SiTex Graphics から AIR レンダリングシステムのようなサードパーティプラグインの作成または使用
  • 2Dイメージと3Dオブジェクトの参照、表示、サムネール
  • NVIDIAとATI Radeonグラフィックスカードの高速Open GL 3Dアクセラレイションの最適化とサポート
  • 2D と3D スライドショーの作成
  • ソリッド、ポイント、ワイヤーフレーム、透明等の複数のレンダリングモード
  • フルスクリーンモード操作
  • 高品質アンチエリアス Z-バッファー3Dレンダリング出力
  • オブジェクト単位のレンダリング制御
  • ZipやRarファイルを解凍しないで直接中身を表示
  • 使用したファイルの履歴
  • アニメーションや照明やカメラ定義のようなシーンを読み込む
  • 他のアプリケーションとの相互間での2Dと3Dオブジェクトのドラッグ&ドロップ
  • Deep Explorationから直接アプリケーションを起動
  • 表示するために複数の3Dファイルを合成
  • テクスチャやジオメトリ変換のような3Dファイル属性の変更と保存

最小システム構成


OS:Windows 98、Windows NT 4.0 またはWindows 2000
   Microsoft Internet Explorer 5.00またはそれ以降
最小解像度:800X600 pixels
Display:16ビットカラーグラフィックスカード
RAM:最小64MB
プロセッサー:Pentium 200-MMX以上
インストール用にCD-ROM装置

推奨システム構成


Display:24ビットカラーグラフィックスカード
CPU:Pentium III 266プロセッサー以上
RAM:最小128MB(大きなモデルやテクスチャサイズの場合はより大きなRAMが必要)
OS:Windows 2000

注意

3DWeb検索にはインターネット接続が必要となります。
Maya (ma, mb)ファイルの表示/エクスポートにはMayaが必要となります。
MAXファイルを表示/エクスポートするには3ds maxが必要となります。