Rhinoceros 3.0 (ライノセラス)はWindows環境で動作するNURBSによる3次元モデリングツールです。カーブ・サーフェス・ソリッドを組み合わせて作成・編集し、柔軟かつ正確なモデリングを行うことができます。主要なCAD・CGとのデータ互換を可能にし、工業デザイナー・設計者・クリエーターが概念設計やモデリングをするために最適な3次元モデラーです。
 

Rhinocerosには以下の専用ツールがあります。

  • 「Flamingo」...レイトレーシング、ラジオシティのレンダリングアプリケーションです。
  • 「Penguin」....非写実的なスキャンラインによるプラグインレンダラーです。
  • 「Bongo」....キーフレームを用いた本格的アニメーション作成プラグインツールです。

 

ライノについて | ライノ3.0新機能 | 従来の機能 | 対応システム | 価格 | 評価版ダウンロード | ライノ講習会 | Flamingo | Penguin | Bongo



ライノについて
Rhinoceros(ライノセラス)(R)通称 ”Rhino(ライノ)” は、工業デザイナーやCGクリエーターが概念設計
やモデリングをするために使用するツールです。心臓の弁や船体、パッケージやギア等、どんなものを
作成する場合でも、Rhinoは学びやすく、使いやすい、柔軟で正確なモデラーです。カーブ、サーフェイス、
ソリッドデータの任意の組み合わせでモデルを作成、修正し、質感表現をすることができます。その後、
そのモデルを次の工程に渡して利用することができます。
Rhinoのモデルは線群やポリゴンメッシュではなく、滑らかなNURBS カーブやサーフェイスから成ります。
Rhinoは優れたAGLib NURBS のモデリング・テクノロジーのすべてを、初めてWindowsに取り入れた製品
です。Rhinoの強力なスプラインベースのモデルは、3D Studio MAXやSoftimage、 LightWave 3D等の
レンダリングやアニメーションに優れた製品で使用することができます。
McNeel 社の提供するRhinoは、精度の要求されるCADと、スプラインベースのモデラーが持つ柔軟性の
間を補完し、橋渡しすることのできる製品です。

NURBS

Non-Uniform Rational B-splines (NURBS、非一様有理B-スプライン)は、簡単な線、円、円弧、直方体から、
複雑な3-D自由有機サーフェスやソリッドに至るまで正確に定義することのできる数学的表現方法です。
NURBSモデルはその柔軟性と正確性から、イラストレーションやアニメーション、製造に至るまで、
どのような過程にも使うことができます。

最高レベルのNURBSモデリング機能
Rhinoceros (ライノ)はNURBUSモデリングに必要な全ての機能を提供します。ロフト、スイープ等によるサーフェースの生成をはじめ、サーフェースのトリム、オフセット、フィレット等の機能の他制御点の移動やウェイトのコントロールのよる、サーフェースの編集、サーフェース同士の連続性保証や面の再定義によるリビルド機能などあらゆる自由曲線モデルが可能です。
CGとCADをブリッジする唯一のソフト
Rhinoceros (ライノ)は3DStudioMAXやSoftimage 3DへNURBUSモデルを直接渡すことができます。また、NURBUSモデルをポリゴンメシュモデルに変換できます。DXF、DWGはもちろん、IGESを通してCATIA、ProEngineer、I-DEAS、Solid-Works等とのデ−タ交換も可能です。CGとCADとをブリッジする唯一のソフトです。


ライノ3.0新機能
    新しいオブジェクトタイプ
・カーブタイプ
  -Arc/Circle(円弧).....従来はOpenNURBS Arc/Circle
-Line(線).....2点で作成される線。従来はNURBS line
-Polyline(ポリライン).....2点以上で接続される線。従来は次数1のNURBSline
-Ellipse(楕円).....ClosedNURBScurveとして表現。従来はcloseclampedNURBSellipse
-Polycurve(ポリカーブ).....端点が接続された1つ以上のカーブ。Polycurveには任意のカーブタイプを含むことができます。
・サーフェスタイプ
  -Plane(平面).....原点、x,y,z軸、幅、高さを持つ
-Surface of revolution(回転面).....カーブ(上記カーブタイプ)がある軸の周りを任意の角度回転した時にできる面
-Sum Surface(面合計).....2本のカーブの幾何学的合計。あるカーブを他のカーブに沿ってExtrude(引き伸ばし)した時、そこに出来る面はRhino3.0ではNURBSSurfaceではなくSumSurfaceとして表されます。
※Rhino3.0ではPolysurfaceを表すために新たなBRep(境界表現)構造を持っています。それにより特殊なサーフェスタイプ同士でも一つのオブジェクトにJoinする事が出来るようになりました。
・ポイントクラウド(点群)
  2つ以上の点を集めて新たにPointCloud(点群)として定義できるようになりました。このことによりそれらの点をグループとして扱うよりデータ容量も軽くなり、表示も早くなります。
ドッキング可能なウィンドウ
  他のコマンド実行している間にドッキング可能なウィンドウを開いてメインウィンドウから切り離したり、メインウィンドウ他の場所に再度ドッキングする事が出来ます。ドッキング可能なウィンドウは次の通り。
  • レイヤーマネージャー
  • オブジェクトプロパティ
  • オブジェクト・スナップ
  • コマンドプロンプト
  • ツール
隠したワイヤーを用いてのシェーディング
emap、ゼブラマッピング、曲立、抜き勾配、オープンエッジ等を含む編集しながらの解析
テキスチャ、色、ライトを表示させた状態でのレンダープレビューライトを動かしながら、オブジェクトのハイライトが変化するのを確認できます。
Flamingoのレイトレース技術を単純化した新しいレンダラー
パースビューにおいて寸法表現を3次元的に可視化
タイプされたコマンドの自動補完機能
ブロック機能(AutoCADブロックに類似した機能、別名インスタンス)
ワークセッション(CATIAのワークセッションと類似した機能)
マルチモニターのサポート
全てのコマンドかスクリプト化可能
SDK(開発ツールキット)が強化
ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語および日本語に翻訳されたユーザーインターフェイスおよびドキュメンテーション
従来の機能
  • ユーザーインターフェイス
    高速3Dグラフィックス、数に制限のないビューポート、シェーディング作業モード、マウスの中央ボタンのユーザー設定、
    カメラに基づいたビューの操作、画像と遠近投影ビューの一致、コンテクスト右クリックメニュー、Altキーを使ったコピー
  • モデリング補助機能
    制限のないUndoとRedo、正確な数値入力、オブジェクトスナップ、グリッドスナップ、1つ前のオブジェクトを選択、1つ前の選択セットを選択
  • 曲線の作成
    作成:線、ポリライン、円、円弧、多角形、TrueTypeテキスト
  • サーフェスの作成
    接線連続ができるロフト、エッジの適合ができるパスに沿ってスイープ、エッジの連続性のコントロールができる2つのレール曲線に沿ってスイープ、点を通る平面、TrueTypeおよびUnicode(2バイト)テキスト
  • ソリッドの作成
    直方体、球、円柱、チューブ、円錐、TrueTypeテキスト
  • 注釈
    テキスト・寸法・メモのUnicode(2バイト)サポート
  • レンダリング
    ホットスポット・角度・方向のコントロールが出来るスポットライト、点ライト、方向ライト、レンダリングプラグインのサポート、設定をファイルに保存
  • サポートされているファイル形式
    DWG/DXF、SAT、X_T、3DS、LWO、STL、OBJ、AI、RIB、POV、UDO、VRML、BMP、TGA、JPG、CSV、TIFF、STEP、VDA、GHS、SLC、Deep Paint 3D
    IGES、NASA GridTool、Yamaha ESPR
  


 


対応システム
  • CPU : Pentium, Celeron, 以上のCPU 
  • OS : Windows 98/NT/ME/2000/XP for Intel or AMD.*   
  • ハードディスク:65 MB 空き容量
  • メモリ:128 MB 以上のRAM、推奨256MB以上 
  • OpenGL ボード推奨 
  • インテリマウス推奨
  • 3-D デジタイザー・オプション

    *Rhino は他のいかなるオペレーションシステムに移植する予定はありませんが、Virtual PCでの動作は確認されています。動作やパフォーマンスの保証はいたしかねます。

その他
  • Windows 95 では動作しません。
  • Rhino2.0のプラグイン、及びスクリプトは、Rhino3.0ではそのまま使用できません。
  • Rhino 3.0の 3DM ファイルは新しいフォーマットです。 Rhino 3.0 はRhino2.0フォーマットを読み込むことは出来ますが、Rhino2.0は、3.0のファイルを読み込むことは出来ません。


 
価格 ( )内はUSBドングル対応版(5,000円増)
キャンペーン(2006年 3月 1日〜2006年5月31日)
※キャンペーンにつきお支払方法は銀行振込のみになります。
(代金引換発送は指定できませんので、ご了承ください)
定価(税抜き) 
( )内はUSB価格

キャンペーン
価格(税抜き)
( )内はUSB価格
※送料別(600円)

キャンペーン
価格(税込み)
( )内はUSB価格
※送料別(600円)
Rhinoceros3.0
新規購入 一般
218,000円(223,000円)
175,000円(180,000円)
183,750円(189,000円)
アカデミック版 ※1
60,000円(65,000円)
57,000円(62,000円)
59,850円(65,100円)

アップグレード 一般
80,000円
74,000円
77,700円
(Flamingo1.1アップグレード含む) アカデミック版 ※1
30,000円
30,000円
31,500円
Flamingo1.1
新規購入 一般
100,000円
85,400円
89,670円
アカデミック版 ※1
50,000円
50,000円
52,500円
Penguin1.0 for Rhino
新規購入 一般
28,000円
28,000円
29,400円
  アカデミック版 ※1
14,000円
14,000円
14,700円
Bongo1.0
新規購入 一般
70,000円
66,000円
69,300円
アカデミック版 ※1 
30,000円
30,000円
31,500円
バンドル版
Rhinoceros3.0J+Flamingo1.1バンドル
278,000円(283,000円)
220,000円(225,000円)
231,000円(236,250円)
Rhinoceros3.0J+Flamingo1.1バンドル アカデミック版
100,000円(105,000円)
93,000円(98,000円)
97,650円(102,900円)
Rhinoceros3.0J+Flamingo1.1+Penguin1.0+Bongo1.0
350,000円(355,000円)
270,000円(275,000円)
283,500円(288,750円)
Rhinoceros3.0(アップグレード)+Bongo1.0
125,000円
120,000円
126,000円
Flamingo1.1+Penguin1.0+Bongo1.0
160,000円
132,000円
138,600円

※1 アカデミック版購入規定 

  • 教育版の販売は下記の団体・個人に対して適用されます。
    • 学校教育法にて定める国・地方団体、及び私立学校法に規定する学校法人が設置する大学・大学院、専門学校等の各種学校とそこに属する生徒、学生、教員
    • 地方自治体が設置した教育センター
    • 公民館、図書館等の社会教育施設
    • 厚生労働省所管の雇用・能力開発機構により設置・運営されている公共職業能力開発施設
  • 購入後、他の団体、人への譲渡は出来ません。
  • 申し込み時には各種証明書の添付が必要です。
  • 個人で購入できるのは一人1ライセンスまでとします。

アカデミック版購入申込書(プリンタで印刷後、必要事項をご記入の上、学生証のコピーを添付してFAXにてお申し込みください)

テクノハイパーショッピングで販売中




講習会の御案内

Rhinoceros3.0トレーニングが開講いたしました。((株)Too社 講習会詳細